VALHEIM ヴァルヘイムの戦闘のコツ【初心者向け】

Valheim(ヴァルヘイム)の戦闘のコツを、初心者向けにまとめてみた。Valheimで生きる住人のため、私の実体験を元に記しておく。

スポンサーリンク

食べ物を食べておこう

モンスターと戦う前は、食べ物を食べておこう。なぜなら、体力とスタミナが上昇するためだ。それだけじゃない、一定時間だが体力の自動回復効果が得られる。

体力が高ければ、モンスターの攻撃により耐えれられる。スタミナが高ければ、より多く攻撃でき、より多くの回数ガードや回避ができる。逃げやすくもなる。つまり、生存率が上がるということだ。

Valheimのモンスターは容赦ない。君の命を奪おうとウザいくらいしつこく追いかけてくるし、集団で攻めてくることもある。なので、しっかりと食べ物を食べて、戦闘に備えておこう。

ちなみに、違う種類の食べ物であれば一度に3つまで食べられる。最低でも3種類の食べ物を常備しておこう。

スタミナを切らさないようにしよう

戦闘ではスタミナを切らさないようにしよう。スタミナが足りないと攻撃もできないし、ガードや回避もできない。逃げることもできないため、死んでしまいやすくなるぞ。

「スタミナがよく足りなくなる…><」という場合は、スタミナゲージが半分以下になったら回復に専念する、ということを意識してみて欲しい。ガードしながら移動したり、歩いて逃げたりしてスタミナを回復させていこう。

とくに攻撃のし過ぎには注意!いざという時にダッシュで逃げられるように、必ずスタミナは一定量残しておこう。

いろんな武器を試してみよう

モンスターによって戦いやすい武器は変わってくる。例えば、トロルは近接武器で戦うと手強い。あっけなくぺちゃんこに叩き潰された者も多いだろう(私もだ)。が、弓で戦えばカモだ。

そのように、武器を変えることで戦いやすくなる場合がある。なので、いろんな武器を作って、実際に振って使い勝手を確かめておこう。

以下、私が使ってみて感じた特徴を載せておくので参考にしてみて欲しい。

武器カテゴリ特徴
振りの速さ、ダメージは標準的。
伐採にも使用するため、常に持っておきたい。
棍棒/メイス振りの速さは標準的だが、消費スタミナが大き目。
メイスはノックバックが高く、敵を吹き飛ばしやすい。
そしてスケルトンに有効。叩き潰して骨片にしてやろう。
盾は持てないが、遠距離から攻撃できる。
逃げながら矢を放てば一方的に攻撃することも可能。
火や凍結、毒の矢などで、属性攻撃ができるのも強みだ。
攻撃範囲は狭いが、攻撃の出は速い。
動きの早いモンスターに活躍する。
ナイフ振りは速いが、ダメージは小さく、攻撃範囲も狭い。
しかし真価は『暗殺ダメージ10倍』という倍率を誇ることだ。
忍び足で背後から近づき、大きな一撃を与えてやろう。
トロル装備一式(忍び足+25%)と相性が良いぞ。
振りの速さ、ダメージは標準的。
副次攻撃で、威力の高い突きを繰り出せる。
ジャストガードからの突きで大ダメージを与えよう。
アトゲイル盾は持てないがリーチが長く、全方位攻撃も持つ。
リーチが短いモンスター相手にはめっぽう強い。
ただしスタミナ消費量は大きいので注意。
両手槌
(ex鹿砕き)
振りは遅いが、振動による範囲攻撃が可能。
ザコ敵に囲まれた時に活躍する。

弱点をついて攻撃しよう

モンスターには弱点がある。例えば、スケルトン(骸骨)は棍棒やメイスなどの『叩き』属性が弱点だ。弱点をつけば大きなダメージを与えられるので、積極的に弱点をついて攻撃していきたいところ。

弱点かどうかは、モンスターに与えたダメージの色で判断できる。黄色に表示されていれば、それはモンスターに有効だという証拠だ。

色んなモンスターに対応するためにも、各属性の武器を作っておこう。以下の表を参考にしてみて欲しい。

属性主な対応武器
斬り斧、剣、ナイフ
叩き棍棒、メイス
刺し弓矢、槍、アトゲイル
たいまつ、火の矢
凍結霜の矢
毒の矢、悪臭玉
銀鉱石系武器

地形を有効活用しよう

戦闘の際は、地形を有効活用しよう。例えばトロルと戦う際は、トロルよりも低い位置で戦うことで、攻撃を回避することが可能だ。そのように地形をうまく活用すれば、比較的安全に戦うことができる。

また、モンスターから逃げる時は、倒木などをジャンプで飛び越えることで時間稼ぎができる。モンスターはジャンプして追いかけてくることはないからだ(スライムはたまにジャンプしてくるけど)。

そのように、モンスターと戦う際は周りの地形をしっかりと見回して、有利に立ち回れる位置を探してみよう。

危ない時は逃げよう

狼から必死に逃げるValheimの住人。

体力が減ってきたり、集団リンチに合いそうになったりしたら、とにかく逃げよう。Valheimではムリは禁物だ。ゴリ押しが通用する世界ではない(経験者は語る)。

ただし、モンスターによっては動きが素早く、逃げ切れない場合がある。おい狼や蚊、てめーらのことだ。もしどうしても逃げ切れないと感じたら、なるべく敵がいない場所で殺されるようにしよう(次の章で解説)。

逃げられない時は敵がいない場所で死のう

狼に食い殺されるValheimの住人。

モンスターから逃げられなくて死にそうな時は、モンスターがあまりいないところで死ぬようにしよう。なぜなら、遺品を回収しやすくするためだ。

モンスターがたくさんいるところで死んでしまうと、遺品を回収することが難しくなる。私は以前、モンスターが湧くスポットが複数あるところのど真ん中でド派手に死んでしまい、遺品回収にどえらい苦労したことがある。

Valheimのモンスターはとてもしつこい。本当にしつこい。逃げても逃げても追ってくる。逃げ切れないこともあるだろう。そんな時は無理に戦おうとせず、良い死に場所を探すほうが良い。

なので「これは死ぬ!」と覚悟した時は、最後の悪あがきとしてモンスターがいないようなところで死ぬようにしよう。

暗殺攻撃を狙ってみよう

暗殺攻撃とは、敵対していない状態で行う攻撃のことだ。

敵対しているかどうかは、モンスターの名前の上に表示されるマークで判断できる。黄色い通知のようなマークであれば、敵対はしていない。赤いビックリマークが表示されていたら、敵対している。以下の画像で確認してみてほしい。

暗殺攻撃を狙うことで、モンスターに大きなダメージを与えられる。たいていの武器は通常の3倍ダメージなのだが、ナイフはなんと10倍だ。

とはいえナイフは近づくのが難しい場合があるので、カンタンな弓矢での暗殺攻撃を狙ってみよう。敵が気づいていない距離から、矢を当てることで通常の3倍ダメージを与えられるぞ。

水濡れ状態や寒い時はなるべく戦闘は避けよう

水で濡れている状態の時や、夜で寒さを感じている時は、なるべく戦闘は避けるようにしよう。なぜならそのような状態の時は、スタミナ回復速度が低下するからだ。

スタミナ回復が遅くなると、スタミナが足りずに攻撃できなかったり、逃げられなかったりする。つまり、非常に危険な状態だということだ。

なので無理せず、戦闘は避けることをおすすめする。

…という感じで以上!Valheimは厳しい世界だ。死んでも心折らずに挑戦していこう。

コメント