【天穂のサクナヒメ】月の狭土(つきのさづち)の入手方法

月の狭土(つきのさづち)は、土の地域の鬼たちを夜間に倒すことで入手できます。

スポンサーリンク

月の狭土は『土の地域の鬼』を夜間に倒すことで入手可能

月の狭土は、以下の地域で、夜間に鬼を倒すことで一定確率で入手できます。

兎鬼だろうが豚鬼だろうが、雀鬼だろうが月の狭土は入手できることをを確認済みです。上記は序盤とはいえ、夜は敵が強くなります。現在のサクナの強さに合わせて地域を選びましょう。

月の狭土の効率の良い集め方

月の狭土の効率の良い集め方を私なりに考えてみました。ただ、他により効率の良い方法があるかも知れません。それらが判明したら追記します。

土の地域マラソン

夜間に、一本穴、飛石坂、万牙洞、化茄子の胎を順に周って鬼たちをひたすら倒していく、という方法が良いかなと。

龍の抜け穴からも月の狭土は入手できますが、序盤は出現する敵が少ないこと、終盤以降に行けるエリアは敵が強いためサクナ様をある程度強くする必要があることから、マラソンには適していないと考えて省きました。

『綾笠』を装備して貉鬼を倒す

月の狭土を集める際は、素材入手確率が上昇する真価『皮剥の達人』を持つ『綾笠』を装備しておくことをおすすめします。

月の狭土の説明や用途など

月の狭土は、多くの装備の作成素材や真価の解放に必要になります。また肥料にすれば「毒性-20」になるため、毒性を下げる素材としても使います。終盤以降も必要となる素材なので、こつこつと集めていきましょう。

以上、参考になれば幸いです。

コメント