【Fallout76】初心者向けの戦闘時の11のポイント【無駄死にしない】

この記事では初心者向けに、Fallout76の戦闘時のポイントを11個まとめました。

Falloutシリーズが初だったり、まだ慣れていない場合は、この記事を参考にしてみて下さい。

一人称視点で戦う

fallout76 一人称視点

戦闘になったら、一人称視点で戦うのをおすすめします。

というのも、敵を狙いやすくなるからです。

もちろん慣れはあるのですが、三人称視点よりも細かく狙いを付けられます。

特に相手に接近されると、三人称視点で狙いをつけることは非常に難しい。

特に動きの速いフェラルグールやモールラット、アタックドッグなどに密着されると、三人称では対処しづらいです。

なのでもし三人称視点で苦戦しているようであれば、一人称視点で戦ってみて下さい。

V.A.T.S.を使って戦う

そして V.A.T.S. も積極的に使っていきましょう。

V.A.T.S. を使うことで、自動で敵に照準を合わせてくれます(オートエイム機能)。

そして敵の体に表示される「%」の確率で、攻撃を当てることが出来ます。

近づけば近づくほど命中率は高くなるので、敵に近寄られたときは V.A.T.S. を使ってみて下さい。

V.A.T.S.はワンテンポ遅らせて使う

また V.A.T.S を使う時は、V.A.T.S. ボタンを押してからワンテンポ遅らせて使いましょう。

というのも、V.A.T.S. を使った直後は命中率が「0%」なんですよね。 V.A.T.S. →即射撃しても、攻撃は当たりません。

なので V.A.T.S. モードに入ったら一呼吸おいて、0%じゃなくなってから攻撃するようにしてみて下さい。

距離が遠すぎると、V.A.T.S. の命中率は0%なので近づきましょう。

リロードや回復は隠れて行う

戦いの基本ですが、リロードや回復は、物陰に隠れて行いましょう。

武器によってはリロードが遅く、隙だらけになることがあります。そして集中攻撃されて撃沈してしまう…なんて結末を迎える可能性があります。

なので、リロードや回復をする際は物陰に隠れて、安全を確保してから行ってみて下さい。

ひらけた場所では戦わない

そしてリロードや回復を安全に行うためにも、そもそもひらけた場所では戦わないということも重要です。

敵と戦闘状態になったときは、まずは自分が隠れられる場所まで移動しましょう。

木や岩、ゴミ箱や建物の角など。相手の銃撃をやり過ごせる場所まで来てから、攻撃に転じていくと良いですね。

車やトラックは破壊されると爆発するので、それらの後ろにずっと隠れるのだけはやめましょう。

敵のHPが低いときはバッシュ攻撃もアリ

敵のHPが低いときに近づかれたら、バッシュ攻撃でとどめを刺すのもアリです。

「あと一撃で倒せるけど、リロードが間に合わない…」

そんな時は自ら近づいて、バッシュ(銃の殴り攻撃)しましょう。

バッシュのダメージを上昇させるPERK:BASHER のランク別効果について【Fallout76】

足を狙って移動速度を低下させる

相手の脚にダメージを与えて重傷を負わせた場合、相手は移動速度がガクンと低下します。

スーパーミュータントやフェラルグールなど、脚を引きずるようになります。

相手が近接攻撃しかできない場合、脚を狙って移動速度を下げれば、ただの的でしかありません。

その隙に攻撃を叩き込んで倒していきましょう。

ただし時間が経つと回復することもあるので、素早くとどめを刺しましょう。

敵が強いと感じたら逃げる

敵が強かったり、集団に囲まれたときは、一目散に逃げましょう。

死んでもデメリットは少ない(ジャンクアイテムを落とすだけ)ですが、死ぬのってなんか嫌じゃないですか。

生きていれば態勢を整えられるので、まずは逃げることを優先しましょう。

ただしラッドスコーピオンみたいな「プレイヤー絶対殺すマン」は、穴を掘りながらしつこく追いかけてきます。どうしようもない時はあきらめましょう…

ヘッドショットを狙う

頭に攻撃を当てることで、より大きなダメージを与えられます(特に人型の敵はそう)。

なので、狙いに自信があれば頭部を狙っていきましょう。

ライフルで狙撃する時は積極的に頭を狙っていきたいです。

投げ武器を活用する

まだ序盤で武器が強くない時は、投げ武器を使っていきましょう。

投げナイフ、強いです。ダメージ75も与えられます。トマホークも、火炎瓶も、グレネードも、とにかく高いダメージを与えられます。

火炎瓶やグレネードの爆風は自分もダメージを受けてしまうので、遠くから狙うのがコツです。

地雷で自爆しないようにする

そして地雷系武器も高いダメージを与えられるのですが、これも爆発に巻き込まれないように注意が必要です。

敵が近づいてくる→逃げながら地雷を設置→地雷との距離が近く自爆

というのはやりがちなパターン化と思うので、地雷を使う時は十分気を付けましょう。

以上、初心者向けに戦闘時の11個のポイントをまとめてみました。

また以下の記事も読んでもらうと、Fallout初心者を卒業できる…かも。

コメント